内部統制の基本を学ぶ内部統制-SOX.com

株式会社ハピネックス
☎03-5614-4311(平日9時~18時)

講師派遣型 J-SOX内部統制研修

J-SOXで行う内部監査は、従来の会社経営全般に対する内部監査や会社法における内部監査の着眼点と異なります。

  • 【従来の内部監査】会社経営全般のリスクに対する内部監査。
  • 【J-SOXでの内部監査】財務報告の信頼性確保を主目的としたリスクに対する内部監査
企業様の悩みは、
  1. 通常の社内監査とJ-SOX対応内部監査は違う。
  2. 一般の内部監査人を養成するスキルを持つスタッフはいるが、J-SOXに対応できる内部監査人を養成できるスタッフとなると社内にいない。
  3. 通常の内部監査人養成講座は様々な機関が開講しているが、J-SOX対応内部監査人養成講座は開講している機関が少ない。
  4. さらに、開講している内部監査人講座の受講料は一人当たり平均10万円を超える。10人養成したら100万円、20人養成したら200万円の経費がかかる。

ハピネックスの内部統制研修が、その悩み解消のお手伝いをします。

受講対象者

  • 会社の内部監査人を養成する立場にある内部監査人リーダー候補者
  • 内部統制プロジェクトチームの方
  • 部門の責任者として、内部監査に協力する立場の方

内部監査人養成講座の特徴・特典

講座の50%以上の時間がケーススタディによる実践学習です。
講義を聞くだけでは内部監査人のスキルは身につきません。知識を学び、ケーススタディで体感することによりスキルが身につきます。
参加者全員に、株式会社ハピネックス認定「J-SOX内部監査人養成講座修了書」を授与します。
社内の資格認定の一つのツールとして利用可能です。
内部監査で利用する「チェックリスト」および「質問例」をCDによりテキストデータで提供します。
内部監査ではチェックリストや質問を事前に準備しなければ効率的な内部監査ができません。雛形を提供しますので、貴社なりのチェックリストや質問を作成下さい。

J-SOX対応内部監査人養成講座「基本プログラム」

【1日目】
9:30~16:30(途中、休憩・昼食挟む)

テーマ 研修方法 内容
J-SOX内部統制制度導入の経緯 講義
  • 金融商品取引法の改正
  • 金融庁「内部統制実施基準」
  • 内部統制報告制度の要点
J-SOX内部統制の基礎 講義
  • J-SOX内部統制の定義
  • J-SOX内部統制「4つの目的」
  • J-SOX内部統制「6つの基本的要素」
  • 統制リスト内部統制の限界
J-SOX内部統制の基本的枠組み 講義
  • 全社的内部統制
  • 決算・財務報告プロセス統制
  • 業務プロセス統制
  • IT統制
昼食
リスクの抽出とコントロール策の検討 演習 演習
J-SOX内部統制の構築 講義
  • J-SOX内部統制構築の要点
  • J-SOX内部統制構築のプロセス
  • J-SOX内部統制方針書、計画書
J-SOX内部統制の評価 講義
  • 経営者による内部統制評価
  • 全社的内部統制の評価
  • 決算・財務報告プロセス統制の評価
  • 業務プロセス統制の評価
  • IT統制の評価
  • 開示すべき重要な不備と内部統制の不備
J-SOX内部統制に必要な財務会計知識 講義
  • 総勘定元帳から財務諸表を作成する手続き
  • 連結財務諸表作成のための仕分けと手続き
  • 財務諸表に関連する開示事項を記載するための鉄続き

【2日目】
9:30~16:30(途中、休憩・昼食挟む)

テーマ 研修方法 内容
財務諸表分析 講義
  1. 収益性分析
  2. 安全性分析
  3. 成長性分析
演習 「○○スーパーの収益性・安全性分析を行い、それぞれ分析結果をコメントしなさい」
総合演習
<B社の事例>
課題1
演習 テーマ【全社的内部統制の検討】
「経営環境など事前調査資料は以下の通りです。会社の経営環境等から想定されるリスクを考察しなさい」
昼食
課題2 演習 テーマ【具体的な監査プログラムの検討】
「以下の確認事項・発見事項から、当日の監査プログラムを事前検討しなさい」
課題3 テーマ【内部監査報告書(指摘事項報告書)の作成】
実際に、指摘事項報告書を作成していただきます。
「内部監査を実施した結果、以下の事項が判明した。指摘事項報告書を完成させなさい」
課題4 テーマ【終了会議(監査後会議)のロールプレイング】
内部監査人から「指摘事項」及び「改善案」を被監査人に説明し、同意を得るロールプレイング
ページのトップへ戻る