内部統制の基本を学ぶ内部統制-SOX.com

株式会社ハピネックス
☎03-5614-4311(平日9時~18時)

内部監査の目的と範囲(2)

J-SOX内部監査の目的

<実施基準より>

I 内部統制の基本的枠組み

1.内部統制の定義(目的)
(5)4つの目的の関係

金融商品取引法で導入された内部統制報告制度は、「経営者による評価及び報告」と「監査人による監査を通じて財務報告に係わる内部統制についての有効性」を確保しようとするものであり、「財務報告の信頼性」以外の他の目的を達成するための内部統制の整備および運用を直接的に求めるものではない。
しかしながら、財務報告は、組織の業務全体に係わる財務情報を集約化したものであり、組織の業務全体と密接不可分の関係にある。したがって、経営者が財務報告に係わる内部統制を有効かつ効率的に構築しようとする場合には、目的相互間の関連性を理解した上で、内部統制を整備し、運用する事が望まれる。

  • 金融商品取引法において、上場会社は内部統制の評価と報告が求められる
  • 経営者の行う内部統制の評価と報告は、「財務報告の信頼性」について行う
  • 「財務報告の信頼性」は、その他の内部統制の3つの目的と相互の関係がある
  • 内部統制が有効に機能していることを継続的に評価するプロセスとしてモニタリングがあるが、その中の独立的評価機能として内部監査がある。

J-SOX内部監査の対象

(1)全社的な内部統制
会社全体に広く影響を及ぼす会社全体を対象とする内部統制
(経営方針、企業理念、社風、取締役会・監査役会の機能、職務権限など)
原則として、企業集団のすべての事業拠点が対象(連結子会社含む)
(2)決算財務報告業務プロセスに係わる内部統制
財務諸表作成手続き、連結財務諸表作成手続き、開示事項記載手続きなど
原則として、企業集団のすべての事業拠点が対象(連結子会社含む)
(3)その他の業務プロセスに係わる内部統制
企業の事業目的に大きく係わる勘定科目に至る業務プロセスについて内部統制
売上、売掛金、棚卸資産に至る業務プロセスはすべて対象
リスクが大きい取引を行っている業務や見積り/予測を伴う業務プロセス、非定型/不規則な業務は内部統制の対象
(4)ITに係わる全般統制
業務処理統制が有効に機能するIT環境を対象とした内部統制
開発・保守管理、運用管理、システム安全性の確保など、ITインフラ
(5)ITに係わる業務統制
業務プロセスに組み込まれた入力業務プロセスなど、現場でのIT内部統制

内部監査人として必要な知識

(1)内部統制監査人として
内部統制の基本知識
(2)内部監査人スキルとして
内部監査の進め方
(3)財務報告の信頼性に重要な影響をおよぼす会計知識として
勘定科目
仕訳から貸借対照表、損益計算書に至る流れ
連結決算整理
商取引と会計取引
企業内容開示制度
(4)財務報告の信頼性に重要な影響をおよぼす企業が抱えているリスク
リスクの洗い出し
リスク対応
コントロール策の検討
不正の概念
ページのトップへ戻る